Webクリエーター認定試験

難 易度 C 将 来性 ★★☆ 収 入 ★☆☆☆
独 立可能性 ★★☆ 転 職有利度 ★☆☆

Webクリエーター認定試験の業務内容

Webクリエーター認定試験はWebサイトの構築能力を認定する試験です。その記述言語であるHTMLの読み書き能力と基本的なデザインの力が試されます。
Webクリエーターという仕事自体に資格は必要ありませんが、効率的に知識を身につけ、それを認定してもらえるという点で活用できる資格です。
試験は上級と初級に分かれ、それぞれ次のように規定されています。
初級…基本的なタグおよび属性の知識を有し、標準的なWebページをツールを使用せずに作成することができる。また仕様書に基づきテキストや素材をレイアウトして見栄えのよいWebページを作成することができる。
上級…高度なタグおよび属性の知識を有し、HTMLファイルを自由に記述することができる。またクライアントの意図を汲んでWebページをデザインし、作成することができる。

資格内容


難易度
合格率
70%程度で、難度は低めです。
将来性
収入
この資格だけで収入がどうということはありません。独立した場合でも収入にはかなりばらつきがあります。
Webクリエーター自体は将来的にもニーズはあるでしょうが、この資格の将来性自体は不透明です。むしろ、Web系で仕事をするための入門資格と考えるのがよいかもしれません。
独立可能性
転職有利度
就職のアピールとしてはこの資格だけでは弱いので、経験を積み関連資格を取るなどするのがよいでしょう。
フリーのWebデザイナーとして独立することもできますが、内職と考える人も多いようです。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 随時実施。試験会場により日程は異なる
試験内容 規定問題、自由問題それぞれ60%の得点で合格。 ■規定問題…テキストエディタで簡単なHTMLファイルを作成する。
■自由問題…HTML編集ソフトを用いて、提示されたテーマからWebサイトを作成する。
受験地域 全国各地の公開試験会場
ホームページ ビジネス能力検定 サーティファイ
受験申込み
問い合わせ
サーティファイWeb利用・技術認定委員会
〒104-0031 東京都中央区京橋3-3-14 京橋AKビル6階
TEL 0120-031-749

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加