きき酒師

難易度 D 将来性 ★★☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★☆☆

きき酒師の業務内容

きき酒師はソムリエの日本酒版であり、日本酒に関する知識とプレゼンテーション能力を認定する資格です。個々の日本酒の特性を理解し、料理や飲酒者の体調に合わせて提供します。
きき酒師という仕事があるというよりは、酒造メーカー・飲食店など日本酒に関わる業種の人が仕事の幅を広げるためにこの資格を利用している、というのが現状です。

資格内容


難易度
合格率
合格率80%前後で、講習を受けてきちんと勉強すれば難しくはありません。
将来性
収入
日本酒に限らずワインや焼酎などの酒類を楽しむ際、ソムリエ的存在に楽しみ方の幅を広げてもらいたいと考える人は増えており、日本酒の人気が衰えない限りはこの資格には一定のアピール度を期待できるでしょう。ただしそれが収入につながるかどうかということとは別問題であり、少なくとも現在のところこの資格で収入アップを期待するのは難しいようです。
つまり資格手当などは期待できないので、この資格で得たステイタスと知識を日本酒に関するビジネスに利用すると考えるべきでしょう。
独立可能性
転職有利度
きき酒師は一般的に就職後に取得されることの多い資格であり、就職の決め手にはなりません。転職に活用するなら、他の飲食関係資格と合わせ、さらに実務経験を積む必要があるでしょう。
オプションとしての価値はありますので、活用法を考えたいところです。

資格概要


受験資格 SSI主催の認定講習会を修了していること。
試験日程 3月、8月、12月(年度と会場によって異なるので要確認)
試験内容 ■第1次試験…筆記、90分。
■第2次試験…企画書作成、60分。
■第3次試験…テイスティング、60分。
受験地域 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、愛媛、福岡など
ホームページ 料飲専門家団体連合会(FBO)
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)
受験申込み
問い合わせ
日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)
〒114-0004 東京都北区堀船2-19-19 パレ・ドール王子ビル8F
TEL 03-5390-0715

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加