オラクルマスター

難易度 A~B 将来性 ★★★ 収入 ★★★☆
独立可能性 ★☆☆ 転職有利度 ★★★

オラクルマスターとは

オラクル(Oracle)とは、非常に簡単に説明すると、Oracle社が開発したデータベース(=データの集合)管理ソフトの名称で、世界的に高いシェアを占めています。
そして、オラクルマスターとは、オラクル製品に関する技術力を認定する民間資格です。
業務内容はオラクルを用いたデータベース運用・管理などになります。

資格内容


難易度
合格率
合格率は非公開ですが、ゴールドになると独学は難しいレベルになります。
将来性
収入
オラクルマスターはIT業界で評価が高く、収入も総じて良いようです。
将来性はオラクルのシェアが今後も続くかどうかにかかっていますが、しばらくは問題ないでしょう。
独立可能性
転職有利度
ゴールド以上になるとかなり就職には有利になりますが、この業界では資格と同じくらい実務経験が重視されるということは理解しておきましょう。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 祝日・日を除く毎日
試験内容 ブロンズ、シルバー、ゴールド、プラチナのグレードが用意されています。
試験は科目合格制で、認定申請ののち資格が授与される形式です。
バージョンの問題などで試験に頻繁に変更があるので、ホームページなどで確認してください。
受験地域 全国各地
ホームページ Oracle JAPAN
受験申込み
問い合わせ
日本オラクル 研修コールセンター
TEL 03-5766-4411

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加