マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)

難易度 D 将来性 ★★☆ 収入 ☆☆☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★☆☆

マイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)とは

マイクロソフト オフィス スペシャリストは、マイクロソフトのOfficeに含まれるWord、Excelといった基本的なビジネスアプリケーションを使いこなすスキルを認定する資格です。
いまやこれらのソフトを使っていない会社は珍しいので、これらを使いこなすことはビジネスマンにとって必須事項となっています。MOSは世界的に認知度が高く、パソコンに関する基礎的なスキルが身に付いていることを証明するのに有効です。

資格内容


難易度
合格率
合格率は非公表ですが、難度は高くありません。独学も十分に可能です。
将来性
収入
この資格取得に必要な知識はビジネスマンの常識となっています。将来性や収入を求めて取る資格ではありません。
独立可能性
転職有利度
MOSを持っているから就職が有利になるというようなことはありません。上での述べた通りMOSの知識はビジネスマンの必須知識です。
ただし、スキルを高めてインストラクターになるという選択肢はあります。この場合は上位資格のMOT(マイクロソフト オフィス トレーナー)などをさらに目指しましょう。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 毎月第1・3日曜日の2回実施。(1回のときもあるので要確認)
試験内容 スペシャリストレベル、エキスパートレベルの2種類がある。
試験はすべて実技で、与えられた課題に試験会場のパソコンを使ってとりくむ形式。
受験地域 全国各地
ホームページ Microsoft Office Specialist 公式サイト
受験申込み
問い合わせ
オデッセイ コミュニケーションズ  マイクロソフト オフィス スペシャリスト事務局
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-3-1 新東京ビル
TEL03-5293-1881

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加