メディケアエイダー(看護助手)

難易度 B 将来性 ★★☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★☆☆

看護助手の業務内容

メディケアエイダーは、、(財)日本医療教育財団が認定する看護助手の資格で、看護師の補助業務をします。
この資格の有無にかかわらず、医療機関での看護助手は入院患者の生活の世話(環境整備、ベッドメイキング、整理整頓)などを行います。
看護士は国家資格で医療行為も行いますが、看護助手は医療行為はせずに、看護師をサポートするのがメインとなります。

資格内容


難易度
合格率
日本医療教育財団が承認した教育機関で、所定の内容で技能を学び修了試験に合格すれば、技能認定されます。
将来性
収入
入院患者も高齢化が進み、入院中に生活のケアが必要な割合は増加しているので、この仕事のニーズは高まっています。
公的な資格はなく仕事も大変なので、収入は高いとはいえないかもしれません。患者の世話をしたい、人の役に立ちたいという気持ちが強い事でやりがいを見い出せるかがこの職業を選ぶポイントであるといえます。
独立可能性
転職有利度
医療機関に勤務するのが一般的で、この資格単独の取得で独立開業するのは難しいです。
ニーズがあり病院などで求人があるので、好条件で高収入を望まなければ、転職に活かす事は可能です。

資格概要


受験資格 受験資格は特にありません。
㈶日本医療財団が承認した、看護助手講座などを開設している教育機関で所定の技能を得て、その教育機関で修了試験に合格します。
試験日程 教育機関によります。
試験内容 「メディケアエイダー技能認定申請資格に関する教育訓練ガイドライン」に基づいて、内容に偏りなく出題されます。
詳しくはホームページ等をご参照ください。
受験地域 承認された教育機関による
その他 認定料が3000円かかります。
お問い合わせ
ホームページ
財団法人 日本医療教育財団
〒101-0064 東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)
FAX:03-3294-1787
http://www.jme.or.jp/a_e/m_a.html

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加