介護予防指導員

難易度 B 将来性 ★☆☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★☆☆

2006年4月より「介護保険制度」が改正されました。厚生労働省は介護予防サービスをする事業者に対して、市町村が支払う報酬を、成果に応じて上乗せする事になりました。
東京都老人総合研究所(以下老人研)が、老人研が保有する各種介護予防プログラム、高齢者筋力向上トレーニングなど実践する「介護予防運動指導員」資格を認定。介護を必要としない老後を送るために、高齢者の筋力を向上させるためのトレーニングを中心に、食事など様々なケアを行うのが介護予防指導員の仕事です。

資格内容


難易度
合格率
所定の講習を修了して認定される事により、登録証を授与されます。
養成機関(ニチイなど)によって異なりますが、講習を受けてから理解の確認の為に試験を受けるのが一般的です。
講習の難しさもありますが、それ以前の関門として細かい受講条件があります。(下記参照)
将来性
収入
要介護者を減らしより活動的で豊かな生活を送る高齢者を増やしたいという考えが強まっていますし、必要以上の介護をしたり質の悪い介護をする介護業者をなくすために、注目されている職業といえます。
介護保険制度の改正により、要支援・要介護の一部が介護予防サービスへと移行して、ヘルパーだけでなく介護予防のエキスパートが求められるようになりました。高額でなくとも安定した収入が得られる事が多いようです。
独立可能性
転職有利度
医療機関やデイケアサービスなどの事業所への勤務などが一般的で、介護予防の専門の在宅訓練サービス業なども考えられますが、個人が開業するにはこの資格を持つだけでは難しいかもしれません。
法改正に伴い、ヘルパーだけでなく運動指導をして介護予防をする仕事は注目されて活躍の場が広がっています。既にヘルパーの資格をお持ちで更にこの資格を持てばより高待遇での転職も考えられます。

資格概要


受験資格 医師、歯科医師、保健師、助産師、看護師、准看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、介護福祉士 社会福祉士、歯科衛生士、あん摩マッサージ指圧師、はり師、きゅう師、柔道整復師、栄養士(管理栄養士を含む) 介護支援専門員、健康運動指導士等、訪問介護員2級以上(実務経験2年以上)、介護職員基礎研修課程修了者 その他、財団が認める方

試験日程 講習を受けた養成機関で修了試験(約1時間)
試験内容 講習の内容(ニチイの場合)
・介護予防統計学 ・介護予防概論 ・認知症予防特論 ・行動科学特論 ・低栄養予防特論 ・リスクマネジメント ・介護予防評価学・口腔機能向上特論 その他
詳しくはホームページ等をご参照ください。
受験地域 -
その他 -
お問い合わせ
ホームページ
郵便番号 173-0015
東京都板橋区栄町35番2号
東京都老人総合研究所
電話:03-3964-3241
老人研の介護予防資格についてのページ

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加