インテリアプランナー

難易度 B 将来性 ★★★ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★★☆

インテリアプランナーの業務内容

インテリアプランナーはユーザーの希望に従ってインテリアの企画・設計を行い、施工監理にも参加します。インテリアコーディネーターが室内の調度品などのコーディネートを行うのに対し、インテリアプランナーはさらに建築・空間設計までに関わることになります。いわばインテリアに関する総合的なプロデューサーのような存在です。

資格内容


難易度
合格率
合格率は25%前後です。
将来性
収入
住宅・ホテル・レストランなどの現場にデザイン性を求める人は増えています。これからさらに認知度は上がってくる可能性はあります。
収入に関しては資格手当の出るところもあります。
独立可能性
転職有利度
住宅関連企業などの就職に有利ですが、やはり実務経験が重要です。したがって就職後にこの資格を取得する人も多いようです。
独立するならば建築士などと合わせて設計・デザイン事務所を立ち上げる形になるでしょう。その場合は実力勝負ということになります。

資格概要


受験資格 満20歳以上
試験日程 11月下旬
試験内容 学科試験…インテリア計画、インテリア装備、インテリア施工、インテリア法規、建築一般
設計製図試験…建築物における空間の使われ方、生活のイメージが判るようなインテリア設計
受験地域 札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡
ホームページ 建築技術教育普及センター
受験申込み
問い合わせ
建築技術教育普及センター
〒104-0031 東京都中央区京橋2-14-1
TEL 03-5524-3105

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加