DTPエキスパート

難 易度 B 将 来性 ★★★ 収 入 ★★☆☆
独 立可能性 ★★☆ 転 職有利度 ★★★

DTPエキスパートの業務内容

現在、ほとんどの印刷出版物(雑誌、新聞など)の編集作業はコンピューター上で行われ、そこで作成された電子的データが印刷所に持ち込んで出版されるわけですが、このような仕組みをDTP (Desktop publishing=机上出版)と呼びます。DTPエキスパートとは、DTPシステムの知識に精通し良質な印刷物を作成する能力があることを認定する、民間の資格です。
コンピューターから製版印刷・デザインに至るまで、幅広い知識が要求されます。

資格内容


難易度
合格率
合格率は50%前後。難易度は普通レベルです。
将来性
収入
収入は就職先によってさまざまです。資格手当を出すところもあります。
また、DTPエキスパートには2年間の更新制度があり、技術革新などにも対応しています。しばらくはこの資格の信頼性が揺らぐことはなさそうです。将来性は問題ないでしょう。
独立可能性
転職有利度
DTP業界への就職・転職にはスタンダードとも言えるDTPエキスパートですが、DTPは製版・印刷業以外にも大きく広がりを見せており、ニーズの高い資格です。
実力があれば、デザイナーとしての独立の道もあります。もっともそれはDTPエキスパートとしてよりは、デザインに必要な技術の一つとして資格を取得する、という形になるでしょう。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 年2回(3月,8月)
試験内容 ■筆記試験…マークシート方式。5つのカテゴリそれぞれの正解率80%以上で合格。
1. DTP関連知識
2. 印刷発注側知識
3. 印刷工程知識
4. 色の知識
5. コンピュータ関連知識
■課題制作試験…制作物と制作指示書を持ち帰り、期限内(14日間)に提出。80点以上で合格(100点満点)。
なお、経験の少ない人のための集中講座付き試験も用意されています。
受験地域 東京・大阪・名古屋・福岡・仙台・札幌・その他指定講座会場
ホームページ 日本印刷技術協会(JAGAT)
受験申込み
問い合わせ
日本印刷技術協会(JAGAT)DTPエキスパート認証・登録事務局
〒166-8539 東京都杉並区和田1-29-11
TEL 03-3384-3115

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加