チャイルドマインダー

難易度 C 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★☆☆

チャイルドマインダーの業務内容

チャイルドマインダーとは主に家庭内で保育を行うプロフェッショナルの事をいいます。公的な資格ではなく、認定団体もさまざまです。日本では「NCMAJapan」や「チャイルドマインダージャパン」、通信講座の「ヒューマンアカデミー」の講座を受けてから検定試験に合格して資格取得ができます。
この資格を持つ事で保育園に勤めるというものではなく、民間の保育施設やベビーシッター業に従事する際にこの資格を取得する時に得た知識を活かす事になります。
この資格がなくても「チャイルドマインダー」の仕事をする事はできますし、逆に保育関連の仕事につかなくともチャイルドマインダーの受験勉強で得た知識は自分の子供等の育児には役に立つでしょう。

資格内容


難易度
合格率
合格率は70%程度(追試あり)
国家資格の保育士と比べ容易に取得できます。通信講座などを利用してごく短期間に取得できる人も多いです。
将来性
収入
共働き家庭が多く育児施設の利用率もあがり、公的な保育園が不足している自治体も多いです。それに伴い保育園等に入所できなかった時や一時的に民間の保育施設やベビーシッターを依頼する機会も出てきます。
保育士の収入も仕事内容の大変さの割には高いとはいえません。同じ条件の勤務となるとチャイルドマインダーは更に収入は低くなります。子供が好きでやりがいがある人は満足できるかもしれませんが、保育士になる為の勉強中に働く事も多いようです。独立して起動にのると高収入が望める事もあります。
独立可能性
転職有利度
民間の保育施設、ベビーシッターを開業するにも、信頼を得るためには保育士の資格を有する人が主催、もしくは雇い入れる事が重要だと思われます。資格の差だけで泣く、実際に得られる知識にも大きな差がありますので、独立するにはこの資格だけでは厳しいのが現状です。
保育士の有資格者ではない人が、一時的でも保育の仕事に関わるために転職をする場合は、この資格を持つ事は考慮されるでしょう。。保育士の資格がなくとも育児に関する知識は多少はあるのだというアピールをするのに役立ちます。

資格概要


受験資格 20歳以上である事。
日本チャイルドマインダー協会指定校が認定している団体が行っている養成講座を受講する事。
試験日程 毎月
試験内容 保育、0〜12歳程度子供のケアに関する知識
詳しくは養成講座の資料等を参考にしてください。
受験地域 日本各地
(この他、公認の養成機関で行う場合もあります)
その他 講座・検定とも各種団体が行っています。難易度に大きな差はないですが、講習や試験の方法はそれぞれ 異なりますので資料請求などをして取りやすい団体を選ぶと良いでしょう。
お問い合わせ
ホームページ
〒151-0053
東京都渋谷区代々木1-39-11-1301
TEL:03-5308-3661 
FAX:03-5371-3070
日本チャイルドマインダー協会

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加