ケアクラーク

難易度 B 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★☆☆ 転職有利度 ★★★

ケアクラークの業務内容

ケアクラークとは、(財)日本医療教育財団が認定する資格です。 介護のお仕事ではありますが、ホームヘルパーなどと対照的に、事務のお仕事が中心です。介護報酬請求、サービス利用者やその家族への適切な説明や対応をするのが主な仕事です。
基本的に事務所の中での勤務、勤める会社のよってはパソコンの入力業務などが中心になる事もあります。

資格内容


難易度
合格率
資料やテキストの持ち込みができ、十分に勉強さえしていれば比較的取りやすい資格と言えます。
内容は福祉や介護の知識を問われるもの、明細書の作成など。ホームヘルパーや介護福祉士などの資格を目指している方は内容が重複するのでより勉強が楽になるでしょう。
将来性
収入
介護保険の問題などが複雑になっているので、それらの事務処理をするこの仕事はさらに需要が高まると思われます。
病院、介護サービス業者など、就職先も様々なので、仕事内容や収入も変わってきます。
独立可能性
転職有利度
介護施設や病院など、大きな施設の中での事務仕事が中心なので、この資格の取得だけで独立開業する事は難しいです。
介護・医療の仕事は需要が大きく求人は多い方なので十分に活躍の場はあると言えます

資格概要


受験資格 (財)日本医療教育財団の認定する養成機関で、所定の教育課程を修了する事。
または、介護事務職の実務を6ヶ月以上経験している事
試験に合格すると「ケアクラーク」の称号が与えられます。
試験日程 1年に6回
試験内容 学科試験と実技試験会 学科は介護・福祉・医学に関する知識を問われるもの
実技は介護給付明細の作成
詳しくはホームページ等をご参照ください。
受験地域 各地の公共施設など
(この他、公認の養成機関で行う場合もあります)
その他 この資格の取得者は9割が女性で年齢・職業もさまざまです。
他の介護・福祉系の資格や知識をもってそれらを統合的に活かす方もいます。
お問い合わせ
ホームページ
財団法人 日本医療教育財団
〒101-0064 
東京都千代田区猿楽町2-2-10
TEL:03-3294-6624(代)
(財)日本医療教育財団


スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加