愛犬飼育管理士

難易度 B 将来性 ★★☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★☆☆

愛犬飼育管理士の業務内容

動物取扱業者(「販売」「保管」「貸出し」「訓練」「展示」をする者)は都道府県知事等に登録をする必要があります。以前は届け出をするだけで良かったのですが、命ある動物の管理をより適正にするために罰則などもある登録制になりました。登録は自治体の事業所ごとに行われ、登録を許可される基準に差がありますが、実務経験、教育機関で得た広い知識、講習の受講、資格の取得などを求められるようです。

登録の際に有効な資格がいくつかありますが、ここではそのひとつの「愛犬飼育管理士」について説明します。愛犬飼育管理士は、社団法人ジャパンケネルクラブ(以下JKC)が発行している民間資格です。動物取扱業者の登録をしないと動物の販売などの営業はできませんが、この資格の取得により登録をした場合、犬に限定された認可になります(その他の要件にもよる)。

資格内容


難易度
合格率
所定の講習やテキストなどを十分に習得すれば試験に合格するのは難しくないといえます。ただ、もともと犬に関する知識が少ないと、基本的な知識の学習に時間がかかるかもしれません。
将来性
収入
この資格を取る事よりも、動物取扱業の登録をしてからの業種によります。近年ペットを家族として大切にして、お金をかける飼い主が増えているので、ペット保管業(ホテル、シッター)などの需要は高まりそうです。
独立可能性
転職有利度
ペットショップの開業などはもちろん、自宅で繁殖した子犬をインターネットで里親を募集するなど、店舗を構えない小規模なものでも必要となります。犬に限った仕を考えた場合は有利になる資格です。
転職には資格の有無は問われないと思いますが、犬に関する知識があるという裏付けになり有利になるかもしれません。

資格概要



受験資格 講習の受講料5000円(テキスト代含む)
試験の受験料5000円
試験のみという申し込みも可能ではありますが、この資格を取得するための講習なので無駄なく理解が深まり合格率も上がると思われます。実際に知識として有益な内容であるようなので、ぜひ一緒に受講する事をおすすめします。
試験日程 講習会・試験は全国各地で行われます。
試験内容 主に犬の体としつけの知識などをを問われます。
詳しくはホームページ等をご参照ください。
受験地域 試験日程や会場は決定次第JKCにより公示されます。
(この他、公認の養成機関で行う場合もあります)
その他 動物取扱業の登録に必要な要件は自治体・事業所によって差がありますので、登録をする場所にお問い合わせください。(
お問い合わせ
ホームページ
〒101-8552 東京都千代田区神田須田町1-5
社団法人ジャパンケネルクラブ 総務課
「愛犬飼育管理士」 係
電話03-3251-1654
http://www.jkc.or.jp/

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加