福祉住環境コーディネーター

難易度 A~B 将来性 ★★★ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★★☆

福祉住環境コーディネーターの業務内容

高齢者や障害者が快適に生活を送れる、いわゆる「バリアフリー」な住環境を用意するためのアドバイスをすることが福祉住環境コーディネーターの業務です。
2級からは介護住宅改修の理由書作成者になることもでき、介護保険のもとで業務が出来るという点も強みとなっています。

資格内容


難易度
合格率
実務に必要なレベルの2級は合格率40%程度で、比較的取りやすい資格です。3級は50%前後。
しかし、1級だけはきわめて難しく、合格率は1%にすぎません。
将来性
収入
資格手当は期待できます。
近年、バリアフリー住宅は高齢化とともに一般家庭でも関心を集めており、将来性も十分です。
独立可能性
転職有利度
2級を取得できれば就職に活かせます。就職先は福祉系、住宅関連など。
福祉住環境コーディネーターは同じ介護福祉系資格である社会福祉士・ケアマネ・ホームヘルパーなどの国家資格とは異なり、民間認定の資格です。また、介護に直接的に関わるわけではないので、受験資格を得るために専門の養成施設に通う必要もありません。このことから福祉系に転職したい社会人にもおすすめの資格といえます。
独立するなら、建築士・インテリアプランナーなどの建築系資格とあわせて取り、福祉住宅にも対応できる建築系専門家として顧客開拓を目指すことが考えられます。

資格概要


受験資格 特になし(1級は2級合格が必要)。
試験日程 ■1級
 ・1次試験…9月
 ・2次試験…11月
■2級・3級  7月と11月の年2回
試験内容 ■1級…マークシート方式の1次試験と、論述・記述方式の2次試験からなる。どちらも70%以上の得点で合格(2次受験は1次合格が必要)
■2,3級…マークシート方式。70%の得点で合格
受験地域 全国各地
ホームページ 東京商工会議所 検定試験情報
受験申込み
問い合わせ
東京商工会議所検定センター
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2
TEL 03-3989-0777

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加