販売士

難易度 A~C 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★☆☆

販売士とは

商品を販売する際にはさまざまな知識と技術が求められます。一般の販売員ならば商品知識や接客技術などが必要ですし、店長クラスともなれば小売店経営や流通の仕組みに関する高度な知識も重要になってきます。こうした、商品の販売に関する全般的な知識・スキルを認定する唯一の公的資格が販売士です。
販売士は1〜3級に分かれます。
3級…小売店舗経営に関する基本的な仕組みを理解し、販売員としての基礎的な知識・技術を身に付けている。一般の小売店販売員クラス。
2級…販売に関する専門的な知識を身につけ、ある程度の管理業務を遂行し、かつ部下を指導することができる。売場主任、部課長など中堅クラス。
1級…小売業経営に関する高度の専門的な知識を身につけ、経営計画を立案し、総合的な管理業務を遂行できる。店長や部長、中小小売業の経営者クラス。

資格内容


難易度
合格率
2、3級は合格率60%前後で難度は高くありませんが、1級は10%程度の難関です。
将来性
収入
資格手当があることもあるようです。
将来的にも今同様重要視されるでしょう。
独立可能性
転職有利度
たとえば2級を持っているからといって中堅クラスに転職できるというようなことはなく、販売の世界では基本的に実務経験が重要視されます。
しかし経験とともにこの資格を取得しているのならば、アピール度はあるでしょう。
なお、独立ならば小売店舗を自ら経営するということになるでしょうが、その場合は当然、成功に必要なのは資格ではありません。しかし販売について体系的に学ぶために販売士の取得を目指すことは損ではないでしょう。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 [試験日程記入欄]
試験内容 ■3級
 ・筆記試験…常識、接客マナー、販売技術、販売業務管理、商品知識
■2級
 ・筆記試験…常識、販売技術、販売業務管理、商品知識、仕入れ技術と管理、指導養成
 ・面接試験…身だしなみ、態度、言葉遣い、説明の仕方、指導力
■1級
 ・筆記試験…商品計画と商品予算、仕入れ計画と在庫管理、
         経営とマーケティング、経営計算、市場調査と立地分析、
         組織と人事管理、販売計画と管理、情報化
 ・面接試験…表現力、説得力、問題意識
受験地域 全国各地
ホームページ 日本商工会議所
受験申込み
問い合わせ
日本商工会議所 事業部 
〒100-0005 東京都千代田区丸の内3-2-2 東商ビル 
TEL 03−3272-8600

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加