測量士補

難易度 C 将来性 ★☆☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ★☆☆ 転職有利度 ★☆☆

測量士補の業務内容

測量とは、ビルや橋や宅地、そしてトンネル造成などで、建設工事の第一歩となる土地の測量を行うスペシャリストです。測量士補は、測量士が立案した計画に従って測量を行う、つまり測量士の補佐を行う技術者の資格です。

資格内容


難易度
合格率
例年20%台の合格率です。たまに20%未満の低い率の年もあります。
将来性
収入
公共事業が減り、測量士以外のスキルも求められいてるので、満足の行くような仕事につくには他の資格や経験があったほうがいいです。
現場経験を経てから資格を取る事もできますし、比較的多くの有資格者がいます。転職の際にはこの資格いがいにもアピールポイントを持っていた方が有利になります。
独立可能性
転職有利度
独立して事務所を立ち上げる事も可能ですが、この資格単独ではなく調査士や他の関連した資格や知識を合わせて企業にこぎ着けるのが一般的といえます。
資格取得後、各官公庁、建設会社、不動産会社などに入職します。

資格概要


受験資格 文部科学大臣の認定した大学、短期大学、又は高等専門学校において、測量に関する科目を修め卒業。
または、国土交通大臣の登録を受けた専門の養成機関にて1年以上学び、必要な専門の知識と技能を修得。

または、国土地理院が行う測量士補試験に合格
試験日程 年に1回 5月中~下旬が多い
試験内容 試験科目
測量に関する法規・多角測量・汎地球測位システム測量・水準測量・地形測量・写真測量・地図編集・応用測量
受験地域 札幌市、仙台市、秋田市、東京都、富山市、長野市、静岡市、名古屋市、大阪市、松江市、広島市、高松市、福岡県、鹿児島市、那覇市
その他 受験料:2,850円
測量士補の有資格者は土地家屋調査士の試験の一部が免除されます。
お問い合わせ
ホームページ
社団法人 日本測量協会 総務部
電話:03-5684-3350
http://www.jsurvey.jp/gansyo.htm

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加