土地家屋調査士

難易度 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★★☆

土地家屋調査士の業務内容

不動産を購入した場合、それを法務局に登記する必要があります。このとき土地の形状・大きさ・境界などを登記する必要がありますが、これが土地家屋調査士の独占業務になります。すなわち、土地家屋調査士とは土地の境界と形に関する専門家です。
その性格上現場での作業が多く、法律系としては例外的に屋外の仕事が多い仕事です。

資格内容


難易度
合格率
合格率5〜6%と難しい資格です。
将来性
収入
定常的に需要のある仕事のため、安定した仕事と収入が見込めます。
独立可能性
転職有利度
不動産取引に関する仕事なので、取引がなければ仕事もありません。開発地で開業する・不動産業者などとのつながりを築く…など、独立可能性は営業力次第であるといえます。

資格概要


受験資格 特になし(有資格者に関して2次試験の免除あり)
試験日程 ・筆記試験…8月下旬
・口述試験…11月下旬
試験内容 ■筆記試験
 ●午前の試験(多肢択一式20問、記述式2問)
  ・択一式…民法に関する知識、登記の申請手続き
  ・記述式…不動産の表示に関する申請手続き
 ●午後の試験(多肢択一式10問、記述式1問)
  ・択一式…平面測量
  ・記述式…作図
■口述試験(筆記の合格者のみが受験できる)
 業務に必要な知識・能力について15分程度の面接試験。
受験地域 全国各地
ホームページ 法務省
受験申込み
問い合わせ
各地の法務局・地方法務局まで。
(東京の場合)東京法務局 TEL 03-5213-1234

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加