社会福祉士(ソーシャルワーカー)

難易度 B 将来性 ★★★ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★☆☆ 転職有利度 ★★☆

社会福祉士の業務内容

社会福祉士は別名ソーシャルワーカーとも呼ばれ、高齢者・障害者とその家族・関係者に対して福祉の相談・指導などを行う、福祉系の中でも上位に位置する資格です。この資格自体に独占業務はありませんが、公的機関や民間の福祉サービスにおいて先導的な役割を果たすための信頼・専門知識を得るために大きく役立ちます。

資格内容


難易度
合格率
合格率は20〜30%であり難関とは言えませんが、しっかりとした対策が必要です。
将来性
収入
なんと言っても現在は高齢化社会ですから、活躍の場は広がっていくでしょう。年収は平均400万円程度と言われています。
独立可能性
転職有利度
就職先は各種の福祉施設(老人ホームや障害者福祉施設など)や行政機関、民間の福祉企業など。福祉の相談員・指導員として働くほか、ケアマネージャー(介護支援専門員)として現場に出る道を選ぶこともできます。福祉系に就職する際には有利です。

資格概要


受験資格 ・福祉大学卒業者
・一般大卒+社会福祉士養成施設で1年以上学ぶ
・所定の実務経験
(このほかにも細かく規定がありますので社会福祉振興・試験センターなどで確認してください)
試験日程 1月下旬
試験内容 [試験内容記入欄] 多肢択一式のマークシート試験。
科目は13科目…社会福祉原論、社会保障論、社会福祉援助技術、公的扶助論、地域福祉論、介護概論、老人福祉論、障害者福祉論、児童福祉論、心理学、社会学、法学、医学一般。
受験地域 北海道、青森県、宮城県、東京都、石川県、愛知県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、鹿児島県、沖縄県
ホームページ 社会福祉振興・試験センター
受験申込み
問い合わせ
[受験申し込み問い合わせ記入欄] 社会福祉振興・試験センター
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷1-5-6
TEL 03-3486-7556

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加