実用英語技能検定(英検)

難易度 A~D 将来性 ★☆☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★☆☆

実用英語技能検定(英検)とは

三大検定(英検、数検、漢検)のひとつである英検は、実用英語の知識と運用能力・コミュニーケション能力を検定する資格です。
英語の能力を認定する資格として有名でしたが、最近ではTOEFL・TOEICの方が普及しています。

資格内容


難易度
合格率
平成16年の、級ごとの合格率は次の通り。
1級…7.8%
準1級…11.6%
2級…20.9%
準2級…35.6%
3級…47.7%
4級…72.4%
5級…83.9%
履歴書に書けるのは2級からだと一般に言われますが、その難度はなかなかのものです。準1級とにもなるとその取得は容易ではありません。十分な準備が必要です。
将来性
収入
英語の能力は留学に不可欠ですし、ビジネスにおいてももはや基礎知識となりつつあります。
しかし、留学・就職ともに今や英検よりTOEICの方がメジャーになっています。将来性を考えればTOEICの受験が勧められるところです。
独立可能性
転職有利度
上に述べたような事情から、一般には2級以上が履歴書に書けるラインと言われているものの、就職時にアピールするならば準1級以上を取ることが望ましいといえます。

資格概要


受験資格 特になし
試験日程 1月、6月、10月の年3回
試験内容 1〜3級は筆記とリスニングからなる1次試験、面接の2次試験からなる。
4・5級は1次試験のみ。
受験地域 全国各地
ホームページ 日本英語検定協会
受験申込み
問い合わせ
日本英語検定協会
〒162-8055 東京都新宿区横寺町55番地
TEL 03-3266-6555

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加