言語聴覚士

難易度 B 将来性 ★★★ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★☆☆ 転職有利度 ★★☆

言語聴覚士の業務内容

難聴、脳卒中などの脳疾患などによって言語機能に障害を持った人に対してリハビリ・指導・検査・助言などを総合的に行うのが言語聴覚士の仕事です。
一言で言えば、言語・聴覚に関するリハビリテーションの専門家といえます。

資格内容


難易度
合格率
合格率は50%前後です。
将来性
収入
安定して患者のニーズはあります。
高齢化の進行ととも需要がさらに増える可能性はあります。
転職有利度 就職先は病院や各種福祉施設になります。

資格概要


受験資格 指定の学校・養成施設で3年以上
または、大学での勉強期間によって指定施設での要学習期間が変わる、などいくつか規定があるので、詳しくはホームページなどを参照。
試験日程 3月上旬
試験内容 基礎医学、臨床医学、臨床歯科医学、音声・言語・聴覚医学、
心理学、音声・言語学、社会福祉・教育、言語聴覚障害学総論、
失語・高次脳機能障害学、言語発達障害学、発声発語・嚥下障害学及び聴覚障害学
受験地域 北海道、東京都、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
ホームページ 厚生省、資格・試験案内
受験申込み
問い合わせ
医療研修推進財団
〒105-0001 東京都港区虎ノ門 1-22-14 ミツヤ虎ノ門ビル4F
TEL 03-3501-6515
http://www.pmet.or.jp

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加