司書(司書補)

難 易度 D 将 来性 ★☆☆ 収 入 ★★☆☆
独 立可能性 ☆☆☆ 転 職有利度 ★☆☆

司書(司書補)の業務内容

司書は図書館を利用する人のサポート役です。資料収集や分類整理、読書案内など図書館運営に関わる様々な業務を担当します。
本が好きな人にとっては憧れの職業といえますが、公立図書館に勤めるには公務員試験合格と採用試験合格が必要です。しかも司書の公募は多いとはいえず、狭き門となっています。
他にも私立・国立大学の図書館、学校図書館などもありますが、こちらも簡単ではありません。
なお、司書補は司書の補助をする仕事です。

資格内容


難易度
合格率
受講修了すれば資格取得となるので、合格率はほぼ100%です。
将来性
収入
公的な図書館の司書として勤務する場合は、とうぜん公務員としての給与になります。
インターネットの普及とともに本の売り上げが伸び悩む中、将来的に司書が意外な場面で活躍するということも考えにくいのが現状です。
しかし一度図書館への就職を果たしたならば、安定した収入の中で本に囲まれた生活を送ることが出来るでしょう。これは、本が好きでそれに関わる仕事をしたいと思っている人にとっては大きな魅力です。
独立可能性
転職有利度
講習には夜間や通信もあるので、仕事をしながら資格を取得することは不可能ではありません。しかし上で述べた通り図書館への就職は一般に難しく、転職には一般的には不向きでしょう。
本に関する専門知識を活かして書店など本に関連する会社に就職するということも考えられますが、その場合でもオプション的なものにとどまるでしょう。確実に就職を保証するものではありません。

資格概要


受講資格 ■司書
・大学、短大、高専の卒業者
・大学、短大に2年以上在籍し、62単位以上を修了したもの
・司書補としての実務経験が2年以上あるもの
■司書補
・高卒者
・高専の第3学年修了
受講日程 司書講習・司書補講習ともに7月前後〜9月前後に集中的に行われる。
(実施大学によって多少異なる)
受講内容 ■司書…必修12科目、選択2科目
■司書補…必修11科目
内容は図書館論、情報論、資料論など。
受講大学 〜講習実施大学〜 ■司書講習・司書補講習
富士大学、聖徳大学、鶴見大学、愛知学院大学、別府大学 ■司書講習のみ(司書補講習なし)
聖学院大学、亜細亜大学、明治大学、中部学院大学、滋賀文教短期大学、
桃山学院大学、広島文教女子大学、九州国際大学、沖縄国際大学(夜間)
ホームページ 文部科学省
受験申込み
問い合わせ
文部科学省、講習会実施大学へ。

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加