司法書士

難易度 S 将来性 ★★★ 収入 ★★★☆
独立可能性 ★★★ 転職有利度 ★★★

司法書士の業務内容

司法書士は法律業務の代行を行う仕事であり、法律の専門家としては弁護士よりも日常生活に身近な存在です。
具体的には裁判所・検察庁・法務局に提出する書類の作成、登記・供託・訴訟手続きの代理などが主な仕事となりますが、この中ではとくに不動産登記(土地の売買に関連する手続き)、商業登記(起業・廃業の際の手続き)の代理が多いものです。

資格内容


難易度
合格率
 合格率は3%前後で、難関といえます。
 
将来性
収入
 上で述べた通り一般的には不動産・商業登記のウェイトが大きい仕事ですが、成年後見人・弁護士を立てない本人訴訟などの仕事も増える傾向にあります。司法改革に伴いその役割はさらに増していくことも予想され、将来性は高い仕事です。
 営業力を身につけて顧客の開拓に成功すれば、高収入も可能です。
 
独立可能性
転職有利度
 独立の可能性も十分に見込めますが、まずは事務所で実務経験を積むのが普通です。人脈が物をいう仕事でもあるので、一朝一夕で成る仕事ではありません。

資格概要


受験資格  特になし
試験日程 平成18年度の日程
・筆記試験:7月2日
・口述試験:10月10日
試験内容 ■筆記試験…午前に一次試験、午後に二次試験が行われます。
●一次試験(2時間)
憲法、民法、商法、刑法から多肢択一形式で35問。
●二次・午後(3時間)
・多肢択一形式で35問…不動産登記法・商業登記法・供託法・民事訴訟法・民事執行法・民事保全法・司法書士法から。
・記述形式で2問…不動産登記法・商業登記法から。
■口述試験…一・二次試験の試験科目と司法書士の業務内容について
受験地域  各地の法務局管内の指定場所
ホームページ 法務省
日本司法書士会連合会
受験申込み
問い合わせ
法務省
〒100-8977 東京都千代田区霞が関1-1-1
TEL 03-3580-4111

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加