保健師

難易度 D 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★★☆

保健師の業務内容

看護師が病気になってしまった人の治療の補助をする仕事であるとするならば、保健師は病気を予防することの手伝いをする仕事といっとてよいでしょう。
具体的には自治体の役場などで健康診断を行ったり、個別訪問をして健康相談・指導を行うことがその業務内容で、多くの保健師が公務員として就労します。
実際には対人サービスのほかに事務系の仕事も多いようです。

資格内容


難易度
合格率
合格率は90%前後で、養成施設等を卒業できれば問題ありません。
将来性
収入
役場などで働く場合は、とうぜん公務員としての安定した収入が期待できます。医療系に就職する場合はだいたい400万前後といったところです。
独立可能性
転職有利度
就職先は役場など公的機関のほか、病院・福祉系企業など。就職率は悪くありません。
転職の場合は受験資格をどのように得るかでしょう。看護師の資格を持っている場合はそれだけでも受験資格を満たしており、業務的にも関連する部分があるためそちらからの転身というケースもあります。

資格概要


受験資格 ・看護師の資格を取得していること
・看護師の受験資格を持ち、
 ・文部科学大臣指定学校で6ヶ月
 ・厚生労働大臣指定養成所の卒業(卒業見込み含む)
 ・外国の保健師学校卒業または外国保健師免許+厚生労働大臣の認定
試験日程 2月下旬
試験内容 ・地域看護学
・疫学・保健統計
・保健福祉行政論
受験地域 北海道、青森、宮城、東京、愛知、石川、大阪、広島、香川、福岡、沖縄
ホームページ 厚生労働省
受験申込み
問い合わせ
厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加