ホームヘルパー(訪問介護員)

難易度 D 将来性 ★☆☆ 収入 ★☆☆☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★☆☆

ホームヘルパー(訪問介護員)の業務内容

高齢者・障害者等の要介護者の自宅を訪問し、日常生活全般をサポートするのがホームヘルパーの仕事です。具体的な業務内容は買物、洗濯、炊事、食事、入浴、排泄の介護から生活相談などになります。

資格内容


難易度
合格率
講習修了すれば取得できます。
将来性
収入
就職
ホームヘルパーの仕事自体は資格が必要ではないのですが、実務的な理由で2級以上の取得が望まれることが多いようです。福祉団体や施設・介護関係企業から派遣される形になります。
収入は高くありません。アルバイトと考えた方がよいでしょう。
将来的にも介護の仕事は介護福祉士に一本化される方向に進んでいます。生業とするならば福祉系の上級資格(社会福祉士、介護福祉士、ケアマネなど)を目指し、ホームヘルパーはその入口と考えた方がよいでしょう。

資格概要


受験資格 特になし(1級は2級取得後1年以上経過していなければならない)。
試験日程 各自治体によって異なるのでお問い合わせください。
試験内容 講義・実技・実習からなる講習を受講することで取得できる。
1級…230時間 2級…130時間 3級…50時間
受講地域 全国各地
受験申込み
問い合わせ
各自治体の福祉担当課へ。

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加