国家公務員Ⅰ種

難易度 S 将来性 ★★☆ 収入 ★★★☆
独立可能性 ☆☆☆ 転職有利度 ★★☆

国家公務員一種合格者の業務内容

国家公務員Ⅰ種はいわゆる「キャリア」、すなわち各官公庁の幹部候補生になるための試験です。当然、公務員試験のなかでは最難関になります。
国政の中心を担う業務(政策・法律・予算など)が主で、普通の公務員とは違ってかなり多忙です。

資格内容


難易度
合格率
合格率は5%前後とかなりの難関です。
将来性
収入
要職についた後は安定した高収入が保証されます。出世すればさらに「上」がありますし、退職後もいわゆる「天下り」があります。待遇は恵まれているといってよいでしょう。将来性に関しても問題はありません。
ただし、「天下り」については今後の構造改革の進み具合によってどうなるか、というところでしょうか。

資格概要


受験資格 ・受験する年度の4月1日の時点で21歳以上33歳未満の者
・大卒か大卒見込み、または人事院がそれらと同等の資格があると認定する者
試験日程 ・1次試験…5月上旬
・2次試験(総合・専門)…5月下旬
・2次試験(人物)…5月下旬〜6月上旬
試験内容 ☆次の試験区分のうちから1つを選ぶ。
 ・行政
 ・法律
 ・経済
 ・人間科学Ⅰ(心理系)、人間科学Ⅱ(教育・福祉・社会系)
 ・理工Ⅰ(一般工学系)、理工Ⅱ(数理科学系)、理工Ⅲ(物理・地球科学系)、理工Ⅳ(化学・生物・薬学系)
 ・農学Ⅰ(農業科学系)、農学Ⅱ(農業工学系)、農学Ⅲ(森林・自然環境系)、農学Ⅳ(水産系)
■第一次試験…教養試験と専門試験(マークシートの多肢択一式試験)
■第二次試験…専門試験(記述式)、総合試験(多肢択一式)、人物試験(面接)
受験地域 1次試験…札幌、盛岡、仙台、秋田、新潟、金沢、長野、千葉、
     東京、静岡、名古屋、京都、大阪、神戸、岡山、松江、
     広島、高松、松山、福岡、北九州、熊本、鹿児島、那覇
2次試験…札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、高松、福岡、那覇
ホームページ 人事院
受験申込み
問い合わせ
人事院の各地地方事務局まで

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加