歯科医師

難易度 S 将来性 ★☆☆ 収入 ★★★★
独立可能性 ★★★ 転職有利度 ★★★

歯科医師の業務内容

いわゆる「歯医者さん」ですが、医師と同じく臨床と基礎に分かれます。すなわち、一般に知られている歯医者(勤務医、開業医)のほかにも研究施設での研究医としての仕事もあります。ただし、やはり有資格者の大部分は開業医を目指します(7〜80%)。

資格内容


難易度
合格率
歯学部の入試の難度は、医学部ほどではないものの高めで、特に国立大学歯学部は難関です。私立でも高い学費が問題になること、6年制であること、国家試験自体は難しくないこと(合格率80%)、などの事情も医師と同様です。
将来性
収入
勤務医でも収入は悪くありませんが、やはり高収入を見込むなら開業したいところでしょう。
将来性も問題ありませんが、開業に関してはやや厳しくなりつつあるようです(下参照)。
独立可能性
転職有利度
全国的に歯科医は供給過剰状態にあり、開業に関しての見通しは甘くありません。そのような状況を見込んで、単なる治療だけでなく、予防・検診など仕事の幅を広げたり、新しい治療法の導入に熱心な歯科医も少なくありません。
しかしながら、単純な見方として、やはり「腕が良いこと」は最も大きな武器となるでしょう。そのためにも経験を積むことが重要です。

資格概要


受験資格 ・大学歯学部の卒業または卒業見込み
・歯科医師国家試験予備試験に合格+診療・公衆衛生に関する1年の実地修練
・外国の歯科医学校の卒業または歯科医師免許取得+厚生労働大臣の認定
試験日程 2月中旬〜3月下旬
試験内容 臨床上必要な歯科医学及び口腔衛生に関して、医師として具有すべき知識及び技能
受験地域 北海道、宮城県、東京都、新潟県、愛知県、大阪府、広島県、福岡県
ホームページ 厚生労働省
受験申込み
問い合わせ
厚生労働省 医政局医事課試験免許室
〒100-8916 東京都千代田区霞が関1-2-2
TEL 03-5253-1111

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加