歯科衛生士

難 易度 D 将 来性 ★★☆ 収 入 ★★☆☆
独 立可能性 ☆☆☆ 転 職有利度 ★★☆

歯科衛生士の業務内容

歯科衛生士は歯科医師のサポート役です。患者の口腔内に手を入れることができるのは歯科医師とこの歯科衛生士だけであり、歯科医師の指導の下で歯石除去や薬を塗るなどの治療補助業務を行います。また、歯磨きの仕方など、口腔衛生に関する指導を行うのも歯科衛生士の仕事です。

資格内容


難易度
合格率
養成所卒業後の合格率は95%以上と高くなっています。卒業できれば問題ないといえるでしょう。
将来性
収入
一定のニーズはある仕事であり、将来的にもさほど変化はないでしょう。
収入は年収300万程度が一般的です。
独立可能性
転職有利度
夜間の養成所があることと、資格取得が用意であること、また就職率が良いことから、特に女性の転職によく利用される資格です。

資格概要


受験資格 ・文部科学大臣の指定した歯科衛生士学校を卒業した者
・厚生労働大臣の指定した歯科衛生士養成所を卒業した者
・外国の歯科衛生士学校を卒業し、又は外国において歯科衛生士免許を得た者で、厚生大臣が前2号に掲げる者と同等以上の知識及び技能を有すると認めた者
(養成施設の修業年限は2〜3年)
試験日程 3月(年1回)
試験内容 ・解剖学、生理学
・病理学、微生物学、薬理学
・口腔衛生学
・衛生学・公衆衛生学(衛生行政・社会福祉を含む)
・栄養指導
・歯科臨床大要(歯科臨床概論、歯科保存学、歯科補綴学、口腔外科学、小児歯科学、矯正歯科学)
・歯科予防処置
・歯科診療補助
・保健指導
受験地域 北海道、宮城、東京、新潟、愛知、大阪、広島、香川、福島、沖縄
ホームページ 歯科医療研修振興財団
受験申込み
問い合わせ
歯科医療研修振興財団
〒102-0073 東京都千代田区九段北4-1-20 歯科医師会館内
TEL 03-3262-3381

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加