調理師

難易度 C 将来性 ★★☆ 収入 ★★☆☆
独立可能性 ★★☆ 転職有利度 ★★☆

調理師の業務内容

資格としての調理師は名称独占で、調理という業務自体に資格は必要ありません。したがって調理人になることじたいは無資格でもできるわけですが、実際には資格取得が就職時の条件になっていることが多いほか、飲食店営業の必置資格である食品衛生責任者取得の条件である講習が免除されるなどの事情から、調理人としての事実上の必須資格となっています。 調理師の資格はあくまで調理人としての基礎にすぎず、実際に金を取れる調理技術を身につけるには長く厳しい修行が必要であることはご存知の通りです。

資格内容


難易度
合格率
合格率は60%程度で、難しくはありません。独学も可能です。
将来性
収入
「包丁1本で勝負する仕事」なので、収入は腕次第としか言いようがありません。経験と才能がモノをいう仕事です。
将来的にもそれは変わらないでしょう。
独立可能性
転職有利度
調理人ならば誰もが独立を一度は夢見ますが、その成功もまた腕と営業力次第です。また調理器具や内装など多額の資金も必要です。

資格概要


受験資格 中卒+2年以上の調理業務経験など。
「調理業務経験」にはアルバイトも含まれますが、ウェイター・ウェイトレスなど調理に直接関わらない業務では不可なので注意が必要です。
試験日程 6月中旬、11月下旬の年2回
試験内容 筆記試験。
 ・衛生法規
 ・食文化概論
 ・公衆衛生学
 ・栄養学
 ・食品学
 ・食品衛生学
 ・調理理論
受験地域 各都道府県
受験申込み
問い合わせ
各都道府県庁の調理師試験担当課

スポンサードリンク

カテゴリー
国家資格
公的資格
民間資格


カテゴリー
SHIKAKU_アクシア
当サイトを[お気に入り]に登録すると、次回からは簡単に当サイトにアクセスすることが可能となります。
以下のボタンを押してください。
お気に入りに追加